山梨でコンサルに相談!中小企業のブランディングを成功させてファンを増やそう

山梨でブランディングをどうしていくかを悩んでいる中小企業も多いでしょう。コンサルに依頼しようと思いつつ、何ヵ月も過ぎてしまったということもあるかもしれません。

こちらでは、中小企業のブランディングの意味とブランディングで実現できることをご紹介いたします。

中小企業においてブランディングが大切である理由

small businesses

山梨でも「ブランディングをどうしていくか」ということに着目している中小企業はありますが、どうしたらよいかわからずそのままになっている場合が少なくありません。

こちらでは、中小企業におけるブランディングの大切さとポイントについてご紹介いたします。

中小企業とは

中小企業は、中小企業基本法で業種別に資本金額などと従業員数で定義されている、従業員数が小売業で50人以下、卸売業とサービス業では100人以下、製造業では300人以下の企業のことを指します。

総務省の「平成28年経済センサス‐基礎調査結果」によれば、2016年時点で日本には350万社以上の中小企業があり、全体の99.7%を占めます。全従業員数の7割近い人が中小企業で働いているのです。

ブランディングの大切さ

中小企業にも様々な業種があり、同じ業種の中でも提供している製品やサービスにはそれぞれ違いがあるものです。しかし、これだけの中小企業があれば、当然、似たような製品やサービスを提供している企業も数多くあります。

その中で、自社の得意分野や優越性をアピールして特徴づけ選んでもらうためには、ブランディングが重要になるのです。ブランディングがしっかりしていれば、顧客や取引先から価値を認めてもらいやすく、選ばれる企業になることができます。

ブランディングのポイント

広報部門やマーケティング部門が独立していたり、専属のコンサルもいたりする大企業では、予算を付けて日常的に大がかりなブランディング活動を行っています。

中小企業のブランディングで大切なのは、時間をかけて自社のよさをじっくり浸透させていくことです。また、これまでの実績や取り組みなども振り返り、自社の強みを見つけることが大切です。

中小企業のブランディングは、顧客獲得だけでなく、従業員のモチベーションを高め、人材を採用しやすくなることにもつながります。

WEBブランディングで叶えられること

WEB branding

ブランディングを中小企業が行う方法の一つとして、WEBブランディングがあります。

こちらでは、WEBブランディングの目的と実際に叶えられることをご紹介いたします。

WEBブランディングとは

中小企業のブランディングでは、自社のよさや強みを精査したら、その強みを顧客や取引先に浸透させていくことが必要です。浸透させていく方法には、ピンポイントで営業をしたり、展示会を開いたりする方法が一般的です。

その中でもWEBサイトを活用しての活動は最も手軽で、幅広い層の目に留まりやすい方法となっています。

WEBブランディングで狙える効果

・ブランドを知ってもらう

WEBブランディングでは、ターゲットとする潜在顧客に自社のブランドがあること自体を知ってもらうことが必要です。顧客となる層に届くようにするための方法をコンサルから助言してもらうことで、効果を出すことができます。

・ブランドを信頼してもらう

WEBブランディングの際は、WEBサイトのビジュアルが雰囲気に合っていることだけでなく、その会社ならではの専門的なコンテンツがあることが重要です。独自性の高いコンテンツはその会社の製品やサービスへの信頼を高めます。

また、随時更新していると、常に前に進んでいる企業であるという印象を与えることができます。

・ブランドのファンになってもらう

WEBブランディングでは、WEBサイトの制作だけでなく、SNSなどでファンを獲得するための活動を行うこともあります。ターゲットとなる顧客層によっては、SNSだけでなく、専用アプリなどの独自ツールを積極的に運用し、上手にコミュニケーションをとることをコンサルから提案する場合もあります。

ブランディング戦略には、常にターゲットユーザーに想起してもらう施策の一つとして企業や店舗オリジナルのスマホアプリを活用する方法があります。C&Pストラテジーコンサルティングでは、アプリCMSクラウドサービス、メール配信・顧客管理・マーケティングシステム、モバイルスタンプシステム、チャットボットクラウドシステムを提供していますので、まずはお気軽にご相談ください。

山梨でブランディングをコンサルに相談!中小企業のブランディングを成功させよう

中小企業にとって、WEBブランディングをWEBコンサルに依頼する・相談する必要があるのは、競合企業の中で自社の得意分野や優越性をアピールして特徴づけて選んでもらうためです。

日本の企業ののうち99.7%を占める中小企業こそが、競合企業の中で自社の得意分野や優越性をアピールして特徴づけて選んでもらう取り組みが重要となるのです。コンサルに頼ることで、これまでとは違った視点を得ることもできます。

中小企業のブランディングに取り組むことは、企業をブランドとして認識してもらい、信頼を高め、顧客を獲得することにつながります。さらに、従業員のモチベーションを高め、人材を採用しやすくなることにもつながります。

C&Pストラテジーコンサルティングでは、WEBコンサルティングにおける中長期のブランディング戦略をご提案いたします。WEBサイトは、具体的なアクションに繋がりやすい短期的な戦略と、中長期的なブランディング戦略の両輪で運用することが非常に重要です。長い目線で見たとき、ブランド力がしっかりついている状態と、常に短期施策を打つしかない状態とでは、数値目標や業界でのポジショニングにも大きな開きが出ることになります。

まずは実績豊富なC&Pストラテジーコンサルティングへご相談ください。

コラム一覧

山梨でブランディングについてお悩みなら実績豊富なC&Pストラテジーコンサルティングへご相談ください

社名 C&Pストラテジーコンサルティング株式会社
C&P Strategy Consulting Co.,Ltd.
代表者 代表取締役 伊藤 三喜
所在地 〒400-0064 山梨県甲府市下飯田1丁目6−36 OCTビル3F
TEL 055-222-2120
FAX 055-244-8822
E-mail info@cp-strategy.jp
URL https://cp-strategy.jp/
事業内容
  • WEBコンサルティング / WEBマーケティング / WEBブランディング
  • WEBサイト制作 / ホームページ作成 / WEBサイトデザイン / リニューアル
  • WEBコンテンツ制作
  • WEBプロモーション
  • SEO / SEM(検索エンジン最適化 / マーケティング)
  • モバイルプロモーション支援サービス
  • (メール一斉配信システム・モバイルスタンプシステム・スマートフォンアプリCMS)