アプリ制作の費用対効果は?飲食店がクラウドアプリを導入するメリット・デメリット

アプリ制作の費用は決して安くはありませんが、導入して費用以上の効果が得られるなら制作して損はありません。それでは飲食店がクラウドアプリを制作して導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

こちらでは、そのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

飲食店などの店舗がクラウドアプリを導入するメリット

introducing cloud apps

店舗アプリとは、会員証やポイントカードとしての役割だけでなく、デジタルクーポンの配信などもできるアプリで、最近は多くの飲食店でも導入されています。飲食店がクラウドアプリを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

プッシュ通知機能による視認率の高さ

プッシュ通知機能とは、飲食店などの店舗がお知らせを送信するとアプリをインストールした顧客のスマートフォンに、お知らせが届いたという通知が表示される機能です。この通知はスマートフォンのホーム画面にも表示されるため、メルマガなどと比べて視認率が圧倒的に高くなります。

メルマガなどを定期的に配信している飲食店などもありますが、メルマガは登録まではしてもらえてもその開封率は非常に低いといわれており、お知らせをしてもなかなか見てもらえません。その点このプッシュ通知は視認率が高いため、お知らせを見てもらえる確率も高くなります。

リピート促進の施策をアプリに集約できる

飲食店などの店舗は、顧客に何度も繰り返し来店してもらうことが重要です。そのための施策として会員証やポイントカードの発行、各種クーポンの配布などがありますが、店舗アプリならこれらすべてをアプリ一つに集約できます。アプリ一つに集約して管理が楽になることは、利用する顧客にとって便利なだけでなく、導入する店舗側にとっても大きなメリットです。

顧客情報の収集とマーケティング分析ができる

店舗アプリの導入は、上述したように顧客にとっても利便性が向上するというメリットがありますが、店舗側にも顧客情報を収集して一元管理し、そのデータを分析できるというメリットがあります。アプリを活用して顧客の性別や年代、居住地、クーポンの利用率などのデータを収集して分析することで、顧客のニーズを把握して再来店を促すマーケティング施策を打ち出すことができるのです。しかも、長期にわたって運用することで、マーケティングデータの蓄積により、より効果の高い施策を高精度に行うことが可能となります。

導入するデメリット

Disadvantages to introduce

どのようなものでもメリットだけでなく、必ずデメリットも存在します。それは店舗アプリについても例外ではありません。

こちらでは、店舗アプリを導入するデメリットについてご紹介いたします。

アプリをインストールしてもらわないと効果を発揮できない

店舗アプリは、顧客にインストールしてもらうことで効果を発揮します。つまり裏を返せば、インストールしてもらえなければ何の効果も発揮できないということです。このアプリをインストールするという行為が、意外とハードルが高いといわれています。

最近はスマートフォンの容量も増えてきているとはいえ、インストールできるアプリの数には限度があり、顧客側もそう簡単にはインストールしてくれません。また、仮にインストールしてもらえたとしても、プッシュ通知の頻度が多過ぎたり使い勝手がよくなかったりするとすぐにアンインストールされてしまいます。

アプリはインストールした状態でなければ効果を発揮できないため、インストールしてもらいそれを定着化させるためには顧客にとって価値があり、ストレスを感じさせないアプリであることが大切です。

開発費用や運用コストがかかる

アプリを開発するためには当然それなりの費用が必要になることに加え、開発した後も運用コストがかかります。

アプリを開発して導入しても、期待したような効果を得られなければ赤字になる可能性もあり、この点はアプリ導入におけるデメリットといえます。しかし、何もしなければ顧客の再来店を促進することはできません。店舗アプリの開発・導入に限らず、費用対効果などをよく検討して色々とチャレンジすることが大切です。

低価格でクラウドアプリを導入したい方はお気軽にご相談ください

アプリ制作の費用は決して安いものではありませんが、導入して費用以上の効果が得られれば制作して損はありません。こちらではアプリを制作して導入するメリットだけではなく、デメリットもご紹介いたしましたので、導入するかどうかの参考にしてみてはいかがでしょうか。

低価格でクラウドアプリを導入したい方は、C&Pストラテジーコンサルティングまでご相談ください。低価格で小規模~中規模店舗様向け(※)の、スマートフォン用オリジナルアプリを構築するクラウドサービス「アプリCMSクラウドサービス」を提供しています。apple社、google社への煩雑な申請対応も全て代行いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

(※小規模:個店型クラウドアプリ、中規模:チェーン店型クラウドアプリ・多店舗展開型クラウドアプリなど対応可能)

>>アプリCMSクラウドサービスについてはこちら

コラム一覧

低価格でのアプリ制作はC&Pストラテジーコンサルティングへ

社名 C&Pストラテジーコンサルティング株式会社
C&P Strategy Consulting Co.,Ltd.
代表者 代表取締役 伊藤 三喜
所在地 〒400-0064 山梨県甲府市下飯田1丁目6−36 OCTビル3F
TEL 055-222-2120
FAX 055-244-8822
E-mail info@cp-strategy.jp
URL https://cp-strategy.jp/
事業内容
  • WEBコンサルティング / WEBマーケティング / WEBブランディング
  • WEBサイト制作 / ホームページ作成 / WEBサイトデザイン / リニューアル
  • WEBコンテンツ制作
  • WEBプロモーション
  • SEO / SEM(検索エンジン最適化 / マーケティング)
  • モバイルプロモーション支援サービス
  • (メール一斉配信システム・モバイルスタンプシステム・スマートフォンアプリCMS)